エリザベトの日誌、2065年7月16日

  • 場所はメインクエスト『崩れ落ちた山』の施設で必ず入手。
    最初は破損しているが、時間が経つと修復されて読めるようになる。

テキストログ
修復済みファイル


プライムに最後に来たのは去年の11月。それ以後のことはよく覚えていない。
昨晩のフライトで、中核部とマスターオーバーライドの設営を監督してきた(ちゃんとやったからね、テッド)。
0430には完了したから、ここで数時間仮眠をとってからゼロ・ドーンに戻ることにしたわ。寝る前にガイアに連絡を入れた。
名目上は計画の状況を報告するためだけど、本当は彼女が恋しかったから。
毎晩寝る前に話をするのが習慣になっている。
最近はそれくらいしか落ち着ける時間がないわ。

オスヴァルドからのメッセージで目が覚めた。オデッセイが昨日発進したって。
これで地球の生命が生きながらえる可能性が倍になったわけね。
だったらなんでこうも不安なの?
ファー・ゼニスが何十年もの後にどんな世界を生み出すのか、気になってしかたがない。それにアポロのアルファビルドのことも気になる。
あれほどの知識に、制約もほとんどなく、万が一の予防策もない。
私たちの過ちを繰り返さずに済む?
彼らが神になったつもりにならないなんて言い切れないわ。

オデッセイのメッセージをアルファのみんなに転送した。
ナオトは1分もしないうちに返信してきた。もちろん詩で。
ヘンリー・ロングフェローの「海辺と炉辺」からの一篇で、船造りを長々と詠ったもの。全部読んだわけではないけれど、造船より船出の話に思えた。
以下の部分(一節?対句?知らないけど)が目を引いた:

人は、その無数の恐れをもって
これからの歳々に期待を抱いて
息を呑んで汝の命運にすがる!

オデッセイもゼロ・ドーンもそう。そろそろゼロ・ドーンに戻らないと。
ナオトのラボに寄ってデメテルの進捗も確認すべきだろうけど、アルフレッド・テニスンを一冊押しつけられずにおいとまできたら幸い、ってところかも。

また今度

ガイア日誌エリザベト・ソベック博士.png


ガイア日誌エリザベト・ソベック博士1.png

コメントはありません。 エリザベトの日誌、2065年7月16日の詳細画像/コメント?

お名前:

添付ファイル: fileガイア日誌エリザベト・ソベック博士1.png 90件 [詳細] fileガイア日誌エリザベト・ソベック博士.png 84件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-20 (土) 13:32:38 (606d)