バヌークの像:処罰

  • 場所は全体マップ右上のバヌークの野営地の右。高い位置にある。

部族の印の下に、捧げ物として置かれた木製の芸術品と手書きの文字が連なる羊皮紙の切れ端。
一式そろえればメリディアンで貴重な品と交換できる。


テクトゥーク:追放者としてさまよう中、しばしばお前の青い目を思い浮かべる。
横たわる我らの族長シーグナックの亡骸を前に、見開かれ、感情を失ったその目を。
ウェラックの者たちは彼の伴侶であり、おまえの母であるイリルを見つめる私の目に気づいていた。
私が罪を犯したであろうことは、彼らには春の氷が割れる音のごとく、鋭利に明らかだったのだ。
衣服を脱がされて氷河に置き去りにされ、命の温かさはこの体から去っていったものの、獲物を狩り、あがき、生きながらえようとする冷酷な意志は、この世に踏みとどまった。
私が濡れ衣を着せてきた者たちだけでなく、誰をも必要とせずに生きられることを示したいがためだろうか。
私が平穏を感じるのはこの印を描き、贈り物を掘る時だけだ。
おまえの温かな手に触れることはなくとも。

バヌークの像:処罰.png


バヌークの像:処罰1.png

コメントはありません。 バヌークの像:処罰の詳細画像/コメント?

お名前:

添付ファイル: fileバヌークの像:処罰1.png 106件 [詳細] fileバヌークの像:処罰.png 106件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-20 (土) 13:34:26 (606d)