機密通信EVZD-XX1X011X

  • 場所は弔いの穴の4階。

音声記録
データ破損:軽度


差出人:ヘレス将軍
宛先:エリザベト・ソベック

ヘレス将軍:ソベック博士、我々の予想通り、ウィチータ前線が崩壊した。
ホルス級のタイタン5体にやられた。34時間後に接触する。
エリザベト・ソベック:手配は、すべて整いました。
時間がなかったからショートカットはしたけれど、これでゼロ・ドーンは機能するはず。いけるわ。
ヘレス将軍:不屈の勝利作戦は目的を果たせたわけか。
エリザベト・ソベック:ええ、もし…1日でも、足りなかったら…
ヘレス将軍:エンコードしたファイルを送っておいた。できたら…
アーカイブしておいてくれ。
エリザベト・ソベック:ええ…やっては…みます。中身は?
ヘレス将軍:声明だ。罪の懺悔とでも…言うべきか。
エリザベト・ソベック:罪とは一体何のこと?
ヘレス将軍:
ここ16ヶ月にわたって私は大規模な殺戮を軍人たちと、さらには市民に指示してきたのだよ。~歴史上…最大だ。
チンギスハン、ヒトラー、スターリングにソラベラ。
それよりはるかに恐ろしいことをした。
エリザベト・ソベック:あなたが殺したんじゃないわ。
ヘレス将軍:ああ、直接には…
だが私が最高軍事司令官の座を得られたのは、軍隊の自動化を認めたことが理由だ。
スワーム反乱以前でさえも、私は死を助長した。だから…
私の行いが闇に葬り去られる、その前に…ファイルにして送っておいた。
後の世代が公平にさばきを下せるように。
エリザベト・ソベック:あなたの望むとおりに。考えてください…
もし私達がこうして手をくださなければ、人類に未来はありませんでした。
ヘレス将軍:恐らく。
ヘレス将軍:博士。
エリザベト・ソベック:それでは将軍、さようなら。
ヘレス将軍:なんてことだ…

機密通信EVZD-XX1X011X.png


機密通信EVZD-XX1X011X1.png

コメントはありません。 機密通信EVZD-XX1X011Xの詳細画像/コメント?

お名前:

添付ファイル: file機密通信EVZD-XX1X011X1.png 253件 [詳細] file機密通信EVZD-XX1X011X.png 256件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-20 (土) 13:31:44 (606d)