法修正第1条?

  • 場所は全体マップで悪魔の渇きのアイコンから少し左の位置。建物の陰。

ニュースアイテム
データ破損:部分的


論説:法修正第1条は仮想空間にも適用されるのか?

2063年4月29日
先週、米国史上最大級の治安維持活動が実施され、700人を超える一般市民の自宅が強制捜査を受け、500名以上が「個人情報プロセスを用いて犯罪行為を扇動した罪」で逮捕された。

この9年間、世の中の情勢を追っていれば、上記の法律用語の真の意味はおわかりだろう。
強制捜査対象となった人々には、対企業支配のバーチャル集会に、今回はスターリング・マルキート社のホロネット上の本部で参加していた嫌疑がかかっている。

500名もの人々が血を流し、恐怖におびえながら、警察の通称「SWATボット」によって自宅から引きずり出される様子は、当然のごとく、多くの視聴者にとっておぞましい光景と映るだろう、しかしこれは目新しいことでもない。
2054年には、メタラージック・インターナショナル社のホログラム式カスタマーサービスセンターが占拠された事件で、バーチャル抗議団体の初の大量逮捕が行われた。
その際に、識者と法廷はインターネットが公共場所にあたるのか、あたるなら平和的集会が法で義務づけられるか、という議論を展開している。

法整備はホロネットの躍進にまるで追いついていないが、これは偶然そうなったわけではない。
スターリング・マルキート、メタラージック、そして同類の企業勢にとっては、ホロスケープを公共場所ではなく、(メタラージックを後ろ盾にもつジェラード・オニール上院議員いわく)「多数の個人所有の情報プロセスの集合体」と見なすことが有利であり、そのオニール氏は[データ破損]

法修正第1条.png


法修正第1条1.png

コメントはありません。 法修正第1条の詳細画像/コメント?

お名前:

添付ファイル: file法修正第1条1.png 168件 [詳細] file法修正第1条.png 101件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-20 (土) 13:31:53 (607d)